東京都の幼稚園教諭求人の選び方&おすすめ求人サイト

提供元: Super Admin

2019年9月 東京都の幼稚園教諭求人

転職・求人サイト 東京の幼稚園教諭求人

 

 

こんにちは!幼稚園教諭として東京都で働かれている皆さん、いつもお疲れ様です。

幼稚園教諭の求人を紹介しているおひさま幼稚園教諭ブログです。

 

職場の人間関係や残業の量、給与や福利厚生・待遇に不満のある方は、幼稚園教諭転職をしてみませんか?

今回は幼稚園教諭求人の選び方や東京都の幼稚園教諭求人が掲載されているおすすめサイトを紹介していきます。

 

 

 

東京都の幼稚園教諭求人の数は?

 

さてさて。どんな幼稚園に転職したら良いのでしょうか?

一言に東京都の幼稚園と言っても、東京都にはいろいろな幼稚園があります。

例えば給食にだけフォーカスしてみても、週5日すべて給食の幼稚園、水曜日だけお弁当の幼稚園、逆に週5日お弁当の幼稚園があったり。

1つ1つ幼稚園によって違いが大きいので、幼稚園教諭の転職はなかなか選ぶのが難しいと言えるでしょう。

 

 

例えばこちらの保育士・幼稚園教諭の求人サイト、保育のお仕事で、東京の幼稚園教諭の求人票を検索してみたところ

東京都だけでも幼稚園教諭の求人件数は、なんと165!結構ありますよね。

 

例えば近隣の埼玉県の幼稚園教諭の求人件数は111件、千葉県の幼稚園教諭の求人件数は89件、

神奈川県では少し増えて104件の幼稚園教諭の求人件数がヒットしました。

 

やっぱり東京都は幼稚園教諭の求人数が圧倒的に多いみたいです。

こんなに幼稚園教諭の求人件数が多いからこそ、迷ってしまいますよね。

 

 

東京都の幼稚園教諭求人の選び方

東京都の幼稚園教諭求人

 

幼稚園教諭の皆さんの働く幼稚園は、公立幼稚園と私立幼稚園に分けられると思います。

まずは転職希望先を公立幼稚園と私立幼稚園のどちらかに絞った方がいいでしょう★

 

私立の場合

 

私立幼稚園の場合は、事業体が宗教法人や福祉関連法人であることが多く、経営母体ごとに教育方針やカリキュラムががっちりと決まっています。基本的に経営者の変更などが無い限り、大筋となる基本指針(宗教行事なども)が変わることはありません。

そのため、(若干抽象的な表現ではありますが)「教員が幼稚園に合わせていく」働き方を求められます。自身の教育観と違うからと言って抗うことをしなければ、円滑に働きやすいと言えるでしょう。

良くも悪くも、サラリーマン的なマインドを持った先生に向くと言われています。

 

 

公立の場合

 

公立幼稚園の場合は自治体が経営を行い、文部科学省の教育指針に従って働くことなります。文科省の方針は社会情勢の変遷に従ってしばしば変わるため、現場の先生たちはその指針に沿って教育を進めます。

私立幼稚園と比べると教師自身のカラーを出しやすく、比較的のびのびと働くことができる点がポイントです。自分で考え自分で行動する能力が求められます。

また、書類記入や事務手続きなどの取り決めが私立と比べて細かく、融通が利かない部分もあるようです。

 

(引用: 幼稚園、私立と公立で何が違うの?仕事内容や待遇など

 

 

いかがでしょうか?

印象としては公立の方が自分にありかたや仕事の仕方などの拘束感はなさそうに感じました。

 

 

私立幼稚園と公立幼稚園の収入は?

東京都の幼稚園教諭求人

 

ちなみに、文部科学省が発表する「学校教員統計調査」によると、

私立の幼稚園教諭の年収は246万円、公立の年収は336万円だそうです。

私立と公立、こんなにも違いがあるようですね~!

 

しかし私立幼稚園は運営母体や規模によっても違いがでますし、

東京都以外の私立幼稚園に比べたら、確実に東京の私立幼稚園の幼稚園教諭の方が所得が高い傾向にありますので、

東京で幼稚園教諭として働く場合は期待してくださいね。

 

そして公立幼稚園で働く幼稚園教諭は公務員にあたりますから、毎月の所得が安定していてgoodです♪

 

お給料も大事なポイントですので、しっかり抑えておきましょう!

 

 

 

幼稚園による特色の違い

東京都の幼稚園教諭求人

私立幼稚園では、結構幼稚園ごとに特色が強く差別化に力を入れている幼稚園も。

例えばのびのびとした保育を推奨している幼稚園、自然を大切にしている幼稚園、

早期教育に力をいれている幼稚園、音楽(リトミック)に力を入れている幼稚園、英語や英会話に力をいれている幼稚園

モンテッソーリ教育を取り入れている幼稚園、各行事に力をいれている幼稚園‥

他にも宗教法人が母体となっている幼稚園では、カトリックや仏教など宗教色が強く、なかなか馴染むのが難しいと感じる幼稚園もあります。

 

東京の幼稚園教諭の求人を探す際には、幼稚園の特色が自分にしっかり合うかどうかを確かめることが大切ですね★

 

特にリトミック教育を取り入れている幼稚園は最近増えてきましたが、

リトミックを園児に教える場合は資格などは必要ありません!

音楽が好きな方や、体を動かすのが好きな方はぜひリトミックに力を入れている幼稚園にチャレンジしてみてはいかがでしょう?

 

 

他にも宗教法人が母体である幼稚園で働く事を敬遠する幼稚園教諭の方もいらっしゃると思いますが、

実際に宗教法人が母体の幼稚園で働いている方にお話を伺ったところ、

「自分が熱心に信仰している宗教がなく、賛美歌を歌ったりすることにさほど抵抗がなければ特に問題なくやっていけるでしょう。

実際に宗教法人が母体の幼稚園で働いている幼稚園教諭や、通っている園児やその家庭も特にその宗教を熱心に信仰しているというわけでではないことが大半です。」

と、おっしゃっていました。

「私はカトリックじゃないからちょっと」や、「私は熱心に信仰しているわけじゃないけど、一応日本人だし仏教徒だから」と

宗教法人母体の幼稚園を敬遠してた方も、一度視野に入れて転職を考えてみてもいいかもしれませんよ!

 

 

 

 

 

 

東京都の幼稚園教諭の求人を調べてみた

東京都の幼稚園教諭求人

indeedで東京都の幼稚園教諭求人を探す

→東京に関わらず、日本全国の幼稚園教諭求人が掲載されているindeed。

ユニークなCMも人気ですよね。

東京都の幼稚園教諭求人の数ならindeedは負けません。

 

東京都私立幼稚園連合組合で東京都の幼稚園教諭求人を探す

→こちらは私立幼稚園の求人情報を多数掲載しているサイトです。

選考方法や待遇などを詳細に記載されているので初めての幼稚園教諭転職でもわかりやすいです。

 

ハローワークで東京都の幼稚園教諭求人を探す

→対面でも求人を紹介してくれるハローワーク。

ネット上でも東京都の幼稚園教諭求人を閲覧・応募することも可能です。

 

テンプスタッフで東京都の幼稚園教諭求人を探す

→派遣といえばテンプスタッフ。

こちらでは東京都の幼稚園教諭の派遣の求人を掲載しています。

派遣で働きたいという方は、ぜひテンプスタッフで求人を探してみてください。

 

東京都の幼稚園教諭求人の探し方や求人サイトをご紹介しました。

 

いかがでしたか?

今回は東京都の幼稚園教諭求人にフォーカスしてみました。

これから東京都で幼稚園教諭転職したいという方は、ぜひ参考にしてくださると嬉しいです。

 

それでは!

 

東京都の残業少なめ・休日日数多めな幼稚園教諭求人をPICUPします!

# 東京都の幼稚園教諭求人

転職・求人サイト 東京の幼稚園教諭求人

 東京都の幼稚園教諭求人を探す際におすすめな求人サイトはここだ!

# 東京都の幼稚園教諭求人

転職・求人サイト 東京の幼稚園教諭求人

ランキング

もっと見る>

Not data

新着

もっと見る>

Not data