保育士転職の自己PR! 自己PRの書き方、面接での伝え方

提供元: Super Admin

2021年3月 保育士の転職

自己PR


こんにちは。

保育士さんの転職において、履歴書や面接で必要になる「自己PR」

自己PRは、どんなことを書いたらいいのか、悩みますよね。

自己PRと自己紹介って、何が違うのか?

自己PRと志望動機は、別のものなのか?

ということも、あらためて考えてみると、わかりにくいですよね。

今回は、保育士さんが転職で使える自己PRについて、考えていきたいと思います。

自己PRは、応募先の保育園に、あなた自身をアピールできる絶好の場所なんです。

ですから、誰にでもあてはまる内容や、ありきたりの内容では、十分にアピールすることはできず、もったいないんですね。

人手不足だから、売り手市場と言われている保育業界ですが、その分、保育園側も、保育士さんの採用に慎重になっているといえます。

直近の令和元年11月の保育士の有効求人倍率は3.23倍(対前年同月比で0.03ポイント上昇)となってお り、高い水準で推移している。

引用: 保育士の現状と主な取組-厚生労働省


また、新卒の時の就職活動とは異なり、転職の自己PRでは、これまでの保育経験や、応募先の保育園で活かせる強みをアピールすることが、ポイントになります。

転職先の保育園が、どんな保育士を求めてるのかをきちんと把握したうえで、応募する保育園ごとに、自己PRを作成していきましょう。

b0219

自己PRは、

「これまで何をやってきたか」、「何ができるか」、「今後、どう貢献していきたいか」

という、3つの点をしっかり盛り込むことが大切です。

保育園の採用担当者に好印象を与える自己PRの作り方を、例文を参考にしながら、考えていきましょう。

受かる自己PRとはどんなものなのか、面接での長所・短所のアピールの仕方、自己PRのNG例なども、解説していきます。

こちらのサイトも、ぜひ、参考にしてみてください。

 

転職する保育士の【自己PR】術!履歴書・職務経歴書・面接に使えるポイントとは




保育士ならではの転職の自己PRとは


保育業界は、保育士さんを採用する際に、コミュニケーション能力など、「人物重視」で採用をしている保育園が多いといえます。

「子どもが好き」「保育が好き」ということだけではなく、

一緒に働く仲間の保育士や、園のスタッフとも協調性を持ってうまくやっていけるか、

保護者とも接するので、人当たりの良さ、礼儀や常識があるかどうか、なども見られます。

保育園側に「この人と一緒に働きたい」「ぜひ採用したい」と、感じてもらえることが大切なんですね。

もちろん、経験の長い保育士さんで、主任やリーダー的な立場での転職であれば、これまでの経験やマネジメント能力が必要になる場合もあります。

転職の自己PRを作成するのにあたっては、これまで自分がやってきたことを洗い出して、保育の仕事と、どう向き合ってきたのかを整理しましょう。

そして、その中で特に印象に残っているエピソードや、あたなの強みをアピールできそうな具体的な事柄を、書き出してみましょう。

もし、経験の浅い保育士さんであれば、これまでの保育の仕事で心掛けてきたことや、あなたの人柄が伝わるエピソードを交えて、自己PRを作成することがポイントです。

g0212

こちらのサイトには、例文も載っていますよ。


【例文付き】保育士の転職における自己PRの書き方



保育士転職の自己PRがなかなか思い浮かばないとき


「何を書けばいいのか思いつかない!」



そういうときは、まず、保育園での一日の流れを思い出して、具体的に書き出してみよう。

朝、保育園に出勤して、準備をして、園児を迎え、そして、さいご退勤するまでに、数多くの業務がありますよね。

毎日が忙しすぎて、日々をこなすだけで精一杯、ということもあったかと思いますが、まずは、落ち着いて、一日の流れを冷静に振り返ってみましょう。

また、保育園のイベントなどでは、特に、いろいろなエピソードを思い出せるのではないでしょうか?

同じ業務であっても、あなたが自分なりに大切にしてきたことや、工夫してきたこと、努力してきたことが、あるはずです。

それは、他の人とは違う、あなたの経験や強みであるといえます。

こういう業務では、こういう点を大切にしてきた、こういう風に工夫していた、など、具体的なエピソードを書き出してみましょう。

b0455

そして、この中から、応募する保育園の保育方針や理念、ニーズに合いそうな点を、いくつか選んで、自己PRとしてまとめてみましょう。


一つひとつの仕事を思い出し、自分の長所と経験を整理すること。

あなた自身の人柄が伝わる内容を盛り込むこと。

そして、それらが、応募先の保育園のニーズと合っていること。

これが、保育士さんの転職の自己PRで、大切なポイントです。

こちらのサイトの、書き方や例文が参考になりますよ。



保育士の転職で受かる自己PRの極意


自分の強みや、自分のやる気、意欲を伝えるだけでは、転職の自己PRとしては、アピール力が弱いです。

保育士の転職で受かる自己PRとは、応募先の保育園の目線に立てるかどうかが、ポイントです。

ですから、とにかく、応募先の保育園についてよく調べ、保育園側が求める保育士像を、しっかり把握しましょう。

そして、これまでの保育の仕事の経験や、あなたの人柄が、求める保育士像と合っていること、


それを踏まえた上で、応募先の保育園に貢献できるということを、伝えることが大切です。

b0297

あなたの経験や長所が、実際の保育の仕事の現場で、どう活かせるのか、どのように貢献できるのか、という点をきちんと説明することが、

保育園側が求めている自己PRです。

また、それに加えて、貴園だから転職したいという、応募先の保育園を志望する理由とも整合性がとれていると、さらに良い自己PRになるでしょう。

あなたの強み

なぜその保育園なのか

どう貢献できるか?

を盛り込むことが大切です。



保育士さんの転職で、履歴書と面接では、自己PRは変えるのか?


自己PRは、履歴書に書いたものと、面接で話すものは、同じ内容になりますが、実際には、書くときと話すときで、それぞれ工夫が必要です。

b0313


・履歴書での自己PRのコツ


一つの文章の長さが、長くなり過ぎないように気をつける。

段落ごとに改行して、読みやすく書く。

簡潔にまとめることを心がける。

応募先の保育園が求める保育士像と一致する部分を強調して書く。

・面接での自己PRのコツ

履歴書に記載したことをもとに、面接においては、具体的なエピソードを交えて話すようにしましょう。

事前に、声に出して練習する。

具体的なエピソードを交えて、自分の言葉で話すようにする。

長くなり過ぎないように、簡潔に話をまとめる。

笑顔で自信を持って話すことが大切ですが、謙虚な気持ちも忘れずに。

 

面接での自己PRについては、こちらのサイトもご覧くださいね。

保育士転職の面接自己紹介、自己PRとは~保育士転職を成功に教えるために~




保育士の転職面接での自己PR「長所と短所」について



保育士さんの転職の面接において、自己PRとして、長所について話すことがあります。

保育園の採用担当者に「採用したい!」と思ってもらうには、長所を、どのように伝えるのが効果的なのでしょうか? 

転職の面接の自己PRで、長所を伝えるときのポイントを、チェックしてみましょう。

・応募先の保育園で活かせそうなな長所を選ぶ

どんな素晴らしい長所であっても、保育の現場で活かせそうになかったり、園が求めている保育士像とマッチしていなければ、あまり魅力を感じてもらえません。


応募先の保育園の求人情報に記載されている内容や求めている保育士像を確認し、活かせそうな長所を選んで自己PRしましょう。

・一つの長所に絞って話す

せっかくの自己PRの場だからと、あれもこれもと、たくさんの長所を挙げてしまうと、一つひとつの長所が薄まってしまい、あなたの人柄がうまく伝わらない可能性があります。

・具体的なエピソードを添える

長所を活かした具体的なエピソードを加えることで、抽象的になることを防ぎ、説得力を増すことができます。

保育士仲間からこのように言われたとか、
上司や先輩の保育士からこんな風に評価されたなど、

具体的なエピソードや、客観的な声を交えて話しましょう。


応募先の保育園のニーズに合っている長所1つ選んで、自己PRすることが大切です。


面接で、短所を聞かれたら、どうしたらいいのでしょうか?

保育園の採用担当者が、面接で短所を質問する意図は、どういうものでしょうか?

短所を質問する理由は、あなたの欠点を知りたいのではなく、

自分を客観的に見ることができているか、
短所を克服しようとする向上心があるか、
短所が保育の仕事に影響するか、

を見極めようとしています。


短所をうまく伝えることによって、逆に、効果的な自己PRにすることも可能なんです。

ですから、あらかじめ、短所を質問されたときの答えを準備して、転職の面接に臨みましょう。

保育の仕事にマイナスの影響がありそうな短所である、「時間にルーズ」「集中力がない」などは、避けたほうが無難です。

「短所は長所の裏返し」と言われます。

n0865

伝え方次第で、短所を長所に変換することもできるのです。

長所にもつながる短所を挙げるようにして、
短所をカバーしようと工夫や努力している姿勢を併せて伝えるのがポイントです。

こちらのサイトには、例文が25個も載っています。ぜひ参考にしてみてください。



こんな自己PRはNG!


せっかく自己PRを作っても、保育園の採用担当者に魅力を感じてもらえないのは、とてももったいないですね。

そこで、自己PRのありがちなNGパターンを、ご紹介します。

保育士さんが転職の自己PRを作成する際には、ぜひチェックしてみてくださいね。

n0869

×保育園が求めている保育士像とズレている

どんなに一生懸命、自己PRを書いても、転職先の保育園のニーズにマッチしていなければ、採用担当者のかたに、魅力を感じてもらえません。

応募先の保育園の求人情報をよく確認して、保育園がどんな経験や長所を求めているのかを、よく調べてから自己PRを作成しましょう。

ホームページや口コミサイトで、園の雰囲気や様子を掴んでおくのもいいと思います。

×自己PRが抽象的で分かりづらい

例えば「私には協調性があります。貴園でも、協調性を活かして頑張ります」という回答だけでは、具体性に欠けますよね。

本当に協調性があるのか、保育園で、協調性をどう活かすのか、分かりづらいです。

このような場合は、具体的なエピソードを盛り込むといいですね。

また、上司や先輩からこんな評価をもらったとか、

仲間の保育士からの言葉、こんな風に喜んでもらえたとか、

客観的な声もあると、さらにいいですね。

最後に、こちらのサイトも参考にしてみてください。

g0393


いかがでしたでしょうか?

保育士転職における自己PRのポイントは、確認できましたでしょうか?

ぜひ、あなたの保育士としての強みや長所をしっかりアピールできる自己PRを、作ってくださいね!

志望動機が書けない!保育士の転職で志望動機を作るコツ。書き出し、文字数、書き方

# 保育士の転職

志望動機

保育士転職の最適な時期とは?求人が多い時期、ボーナスがもらえる時期

# 保育士の転職

転職時期

保育士の転職面接対策!服装・面接の流れ・自己紹介・逆質問

# 保育士の転職

面接

保育士転職が失敗する理由。失敗談を参考に後悔しない転職を

# 保育士の転職

失敗談

保育士の転職理由の伝え方!面接で好印象を残すポイント

# 保育士の転職

転職理由

保育士さんの転職の履歴書の書き方。志望動機や自己PRには何を書く?

# 保育士の転職

転職の履歴書

保育士の転職面接での服装は何が正解?スーツ・私服・服装自由

# 保育士の転職

面接